後遺障害はいつ起こる?

交通事故の被害者となって大怪我を負ってしまった、交通事故によっては死に直結するような事故もあり、命があっただけでもよしとする方がいいなどといいますが、もしも、その後の社会生活ができなくなるほどの後遺障害が残ってしまったら?交通事故によって人生が大きく変わってしまったと悔しい思い、また後悔をすることになるでしょう。

後遺症と後遺障害が同じようなものと考えている方も多いのですが、後遺症と後遺障害は違います。後遺症というのは後遺症と呼ばれる症状、また急性期症状と呼ばれる事故直後から一定期間の強い症状に関して、傷や一定期間の症状がなおったとしても、機能障害や神経障害が残ってしまう状態をいいます。

後遺障害は何かというと、交通事故によって肉体的、精神的な傷害が将来において回復の見込みがない症状固定状態となり、その状態と交通事故に関しての相当因果関係があると認められ、なおかつ医学的にその状態を証明できる、説明でき、労働能力の喪失、低下を伴い、その程度が自賠法施行令の等級に該当するもの、とあります。

つまり、交通事故による怪我で一定の治療を行っても残ってしまった障害が後遺症で、そのうえ、その後遺症が交通事故と確かな因果関係で、医師が証明できるものであり、等級認定されることを後遺障害とする、ということです。

ただ、後遺症と後遺障害は同じ意味を持つ言葉として利用されることも多く、一般的には同じ意味として利用していることが多いです。当サイトは、後遺障害について、いつ起こるかわからないという怖さを知って頂けたらと作りました。後遺障害の怖さについてよく理解していただけたら幸いです。